So-net無料ブログ作成

テレビジャック

今、わが家には中学1年生と小学4年生の2人の女の子が滞在中である。母親同伴で来たのだが、母親は仕事があって、1泊だけで帰っていった。二人の女の子は、あと3泊する予定である。

昔、よその家に泊まった時、その家の御主人を中心とした生活のやりかたに順応するため、アンテナを張り、すべての注意を家族の動きにむけて、自分の位置が家族に迷惑をかけないよう、つとめたものである。
当時はテレビがなかったから、チャンネル権の問題もなかった。

これは現代風というのだろうか。この二人は普段の生活の中で、テレビから隔離されているらしい。下の女の子はバイオリンの練習があり、毎日、テレビをみる暇もないようだ。上の娘は、勉強なのだろうか。
母親がいなくなって、さあ、テレビを禁止する人がいなくなった。

「おじちゃま、テレビをみてもいいですか?」と可愛く聞いてくる。つれあいにしてみれば、別に禁止する理由もない。「いいですよ」と返事したのが運のつき、テレコマンドは彼女らの手中に握られた。
「勉強は?」、「歯磨きは?」、「お風呂は?」と問いかけても、上の空、テレビに夢中である。

すっかりテレビジャックされた老人二人は、さしてみたいという番組もないまま、パソコンで時間つぶしだ。こんな時間も、母親が不在だからこそできるのだろうし、これがいまどきの若者なのだ。つれあいがこわがられもしないし、けむたがられもしない、それはいまどきの老人のあるべき姿かもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

村の花火大会|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます