So-net無料ブログ作成

村の花火大会

7月の最終土曜日は、例年、村の夏祭りである。今日は、朝からいいお天気で、お祭りであることをしらせる花火が打ち上げられている。
ますつかみ大会、太鼓、踊り、少年少女合唱団、空気早入れ大会、ほか、いろんな催しが日中に行われ、夜7時半から1時間、花火大会である。花火の数は2000発、これだけのスポンサーをつけるのは大変なことだ。

村の人にとって、4月末の市、7月の村祭り、11月の文化祭、楽しみな催しだ。昨年は、4月の市とともにこの花火大会が、大震災の自粛で中止となった。
今年は期待感で盛り上がっていた。それなのに。。。。

あまりの暑さに、3時ごろから雲行き怪しく、とうとう雷雨となってしまった。花火大会はどうなるのだろう。吾妻川の岸は濡れてしまって、見物するための場所取りをしたひとたちもかわいそうだ。

2000発というのは、1時間もあれば終わるけれど、その時間帯だけでも、雨がやんでほしい、と祈るような気持ちで待っている。

とうとうどしゃぶりになったけれど、花火大会は強行された。花火を打ち上げる音をききながら、自宅にとどまった自分のふがいなさが腹立たしい。かといって、この土砂降りの中、見物して面白いものでもない。

例年、日中が好天であればあるほど、花火の時間には雷雨になることがある。皮肉なものである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

最低賃金テレビジャック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます