So-net無料ブログ作成

庭の草花

私は華道の心得がない。センスがないようだ。花嫁修業で一応は習ったのだが。一緒に始めた茶道では、お免状をもらうことを勧められたのだが、華道のほうは、なにも言われなかった。自分でも、さまにならないことがわかっていたので、こちらから言い出すこともなかった。

フランスの北部、ルクセンブルグやベルギーに近い所に、ゴルシーという小さな村がある。その村長さんの家に泊めていただいたことがある。館というのか、大きな家だ。裏庭は森に通じている。森の部分は、村に寄付され、公共のものになっているのだそうだ。

庭も広い。朝には野生のシカが現れる。ゆうゆうと草原を散歩している。サロンや食堂、そして私が泊まった部屋、いたるところに花が飾ってある。それも庭の花だ。お花は冬以外、買ったことはないと、マダムは優雅に言う。庭師がいて、常に花が絶えないように、気をつかってくれているのだそうだ。

それからだ。私も庭の花で家のなかを飾りたいと思い始めたのは。必ずや庭つきの家に住もうと思った。東京では不可能なので、別荘地にそれを求めた。今ではそこに住んでいる。

思う存分、花を植えられると思ったが、そんなにやさしくはない。気候が厳しい。土地がやせている。否定的な条件は多い。でもなんとか、いくらかの花を植えている。そのほか、自生の野草の花がある。

しかし、なかなか活けるとなると難しい。センスのなさがもろにでる。6月にはだいぶ、花が咲きそろう。マーガレット、アヤメ(ムラサキと黄色)、コデマリ、苧環(オダマキ)があり、これからはキキョウ、トラノオ、ミズヒキ、ホタルフクロウなど花材にはことかかないのだが。

花は庭で観賞することにして、家の中に飾ることはあきらめた。野の花は特に、野外においてこそ、いきいきしている。無理に花活けすると、色があせてくるのだ。

季節とともに、花が変わっていくのをみるのは、なんという贅沢なことだろう。


外で働く主婦

今週は月曜から3日連続で仕事にでている。往復4時間の通勤、この暑さもあって、ちょっとつらい。今日は特に帰りに病院へ寄ったりして、少し遅い帰宅になった。
留守番のつれあいは、庭仕事をしていた。夕方とはいえ、まだ暑くて、あせだくになっている。

当然、夕食の支度はされていない。洗濯物はかろうじてとりこまれているが、そのまま山になっている。食卓の花(バラ)を新しく庭から切っておいてくれるはずが、開ききった花がまだ残っている。台所にはまだ洗い物が残っている。

言ってはいけない、と思いつつ、やっぱり言ってしまう。「お花が変わっていない」 案の定、つれあいの機嫌が悪くなった。庭仕事でくたくたになってるんだ。
こっちも長距離の通勤で、疲れ果てているのに、と心のなかでつぶやく。

世の中の共働きの女性はどうしているのだろう。本当に大変なのだろうな、と思う。子供がいれば、なおさらだ。
あわててご飯を炊き、冷蔵庫から常備菜をだし、今日のメインのおかずを作る。

帰りついたとき、夕食の準備ができており、ご飯が先ですか、お風呂を先になさいますか?と聞いてもらえるような生活をしてみたい。あるいは「めし、ふろ、寝る」の3語ですむ生活でもいいのだが。

高齢者2人ののんびりした生活のはずが、時には、こうした現役並みのトラブルも発生する。これでつれあいが外に出た時には、少なくとも私は、洗濯物はかたずけ、帰ってすぐに食べられるように準備している。この差は男女のジェンダーなのだろうか。


前橋競輪

前橋への出勤ルートの最後のところに、おおきなドームがある。最初はなんだかわからなかったが、いつか、仕事仲間が競輪場であることを教えてくれた。
そうしてみると、ときどき、国体ロードという利根川沿いの道路わきにある、広い場所に車がたくさん止まっていることがある。車の出入りをコントロールする人もいる。

入り口には開催中というカンバンがたっている。ときどき、なんとか杯という名前付きのものもある。親王杯というのすらあるのだ。

私は競輪、競馬、競艇が大嫌いだ。賭けごとすべてがきらいだ。こういった賭けごとは、自分がするのではなく、選手や騎手が汗をかく。こちらがするのは、予想してお金をかけるだけだ。
そういう意味で、株式投資を含めた投資、パチンコなどもきらいなものだ。

株式など、自分が汗水たらして作った会社ならともかく、知らない人が作って、知らない人が働いている会社に、自分のお金を託するなんて、とんでもないと思っている。こんな考え方は、現代的ではないらしいが。

石原都知事などは、東京にカジノを建設しようと提案していらした。これも反対だ。カジノを作ると、相当の雇用が生まれ、経済効果や利益が大きいという。雇用の経済効果はともかく、カジノであがる利益といえば、そのほとんどがてら銭とよばれるようなものではないか。虚業の最たるものである。

今回の大震災で、実業はともかく、サービス業が衰退するのは、やむを得ないと思っている。第一次産業と第二次産業は、実業として、国の基幹をなすものだから、衰退されては困るけれど、観光や飲食は、実業が栄えた結果の産物なのだから、少しタイムラグがでるのは仕方ないと思う。

と言いつつ、人生うん十年のなかで、4回カジノに行ったことがある。2回はモナコのモンテカルロ、1回はマカオ、1回がエジプトのカイロだ。自分で行ったのは、モナコが1回、マカオである。観光のつもりでいった。モナコでは稼いだが、残りのカジノは、するか、同行した人たちが賭けるのをみていただけだ。

ラスベガスは楽しいところよ、と経験者は語るが、賭けるという行為が心にブレーキをかけるのか、行く気になれない。

どうもこつこつ、畑の草取りに励み、自家自産で、小額ながら倹約していくほうが、わが身にかなっているようだ。

若い女性の発声方法

このごろの若い人は、という言い方はあまり好きではないのだが、若い人と話していて、気付いたことがある。それは口をあまりあけず、鼻母音をきかせた発声をすることだ。とくに女性がそうだ。

鼻母音をきかせると、やわらかい感じになるが、しまりがない。口をきちんと開けずに話すと、もごもごした話しぶりで、言語不明瞭になる。仕事の話でも、甘えた口調に聞こえる。でもいまどきの女性は、ほとんどがそのような話し方だ。

あ、え、い、お、う と口を大きく動かして、毎朝、発声練習をしたらどうだろう。一言一言、言葉の意味を考えながら発音すると、聞きやすくなるのだが、と思ってしまう。

アナウンサーや俳優は、発声練習やら、ヴォーカル・トレーニングを受けるのだろうが、ときどき、アナウンサーで、不明瞭な発音をきくときがある。

先日、あるテレビ番組で、食べ物が出された時、出演者の一人が食べる前に、「いただかせていただきます」と言った。「頂戴いたします」と言えばいいのにね、と過剰な丁寧語にうんざりしたものだ。

「とんでもない」の使い方もいらつく一つだ。丁寧にいうなら、「とんでもないことでございます」だけれども、「とんでもありません」、「とんでもございません」をよく耳にする。

「承知しました」、「承りました」、「かしこまりました」といった格調高い言い方をしてくれるお店も少なくなったし、友達のような扱いをするお店がうける時代である。

だんだん、意地悪ばあさんに近づいてきたようだ。




ウィンブルドン・テニス

今、グランド・スラムの一つ、ウィンブルドン・テニスが行われている。伊達公子が惜しくもウィリアム姉妹の一人に敗れたが、1996年(?)、グラフと準決勝で戦ったゲームを私は現場でみた。

ウィンブルドン・テニスには合計3回、観戦にいったことがある。1度目はまだ20代最後のころで、若かった。テニスの格好で観戦し、そのあと、夕食にはいったレストランで、「試合はどうだった?」と聞かれ、選手と間違われたことに気付いた。もしかしたら、そうではなく、からかわれたのかもしれないが。

2度目は、もっとあとのことだが、母をつれて、フランスからドーバー海峡を渡り、ロンドンへと入った。入手したチケットは、2日目で、女性の昨年度の優勝者がセンターコートでプレイする日だった。当時はナヴラチロヴァ全盛期で、当然、彼女がセンターコートに現れた。あまり人が多くなかったので、コートのすぐそばの席に移動して、観戦したことを思い出す。なんとものんびりしていた。

試合の開始時間は、午後2時から。日本の感覚でいえば、遅すぎる。ところが、イギリスでは夜の9時でも明るいから、2時からスタートしても十分、試合がこなせるのだ。日没で順延となるのは、何時だっただろう。
1996年の伊達公子とグラフの試合が、日没順延となったとき、せっかく伊達公子が調子をあげていたので、とても残念だった。

どうして日没の時間になったのか、それはお天気が悪く、試合開始が遅くなったからだった。何時間待ったことか。現在は屋根付きになったようだが、その当時は屋根はなく、雨が降ると、コートにカバーがかけられた。そんな状態のまま、何時間も試合開始を待った。ウィンブルドンのチケットは、プラチナ・チケット、それもセンターコートの貴賓席近くのベストポジション、日本でなら、気の短い私のこと、きっと帰ったことだろうが、本当に待った。

翌日のチケットも入手していたので、伊達の試合は最後まで見ることができたのだが、本当に残念だった。センターコートの試合に飽きると、ナンバー2コートは同じく指定席で、入れなかったが、それ以外のコートは、自由に観戦できた。もちろん、センターコートやナンバー2コートの指定席を入手できなかった人たちが、それぞれのコートに押し掛けていたけれど。

初めて観戦したとき、センターコートで前年度チャンピオンのナヴラチロヴァが戦ったが、2度目にいったときは、一度引退し、その後復帰して、女子ダブルスで登場していた。シードもつかず、一般の選手扱いだったが、ダブルスでとても楽しそうだった。

ストロベリー&クリームを休憩時に食べて、ウィンブルドンは最高だった。もう一度、行ってみたいな。などと、テレビで観戦しながら、我が家の庭のイチゴを食べている。

ゲイ・プライド

6月25日、パリでは10回目のゲイ・プライドの行進が行われている。現地時間午後2時にモンパルナスからスタートするというから、日本時間では時差7時間をプラスして、夜の9時からのスタートになる。モンパルナスからバスティーユ広場までを歩くそうだ。

Inter LGBTという団体が主催する。Lはレズビアン、Gはゲイ、Bはバイ・セクシュアル、Tはトランスセクシュアル(性転換者)の略である。86の下部団体、たとえば警察のゲイ組織、あるいはUMPという政党(与党)のなかのゲイ組織、などが参加している。

今年の標語は"Pour l'egalite, en 2001 je marche, en 2012 je vote"だそうだ。つまり第一回目の2001年には、平等を求めて、初めて行進した。しかし、来年には大統領選挙で平等を実現してくれる候補に投票する、というアピールである。

彼ら(彼女)らの求める平等は、結婚と養子縁組だ。フランスではまだ同性の結婚は認められていない。ヨーロッパでは、オランダ、ベルギー、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、ポルトガルそれにアイスランドが同性の結婚を認めている。

昨年では警察発表で9万9000人、主催者発表では80万人が参加したという。大きな差があるが、10万人が歩くとなると、それだけでも大変なデモになる。衣装なども派手な参加者がいるから、大変目立つ行進だ。

日本ではまだまだカミングアウトする人は少ない。こんな派手な行進をできるようになるのは、いつのことだろう。


フランスのバカロレア・カンニング

毎年6月、フランスではバカロレアという試験が行われる。バックと省略されるが、この試験をうけなければ、大学など、高等教育機関へすすめない。日本のセンター試験のようなものだ。しかし、バックのほうが歴史は古い。
創設されたのは1808年、当時は受験者も少ないし、合格者はもっと少なくなる。1924年に、女性もバックを受けられるようになった。

2011年のバカロレアで、日本と同じようなカンニングが行われたようだ。新しいテクノロジーでのカンニングというから、おそらく携帯電話を使ってのことだろう。バカロレアでも最も難関のSコースの数学で行われたとのことだ。同じSコースの英語と物理の問題でも漏洩の疑いがあるようだ。

現在では80%以上の合格率のバックだが、日本のセンター試験と違い、記述式の試験である。記述式の試験に合格すると、口頭試験がある。哲学などの科目もあり、なかなか難物という。

今年は合格の平均点が、このカンニング事件のせいで、少し下がり、20点満点で9点になったという。よい点をとると、mention tres bien(よくできました)という評価を得、シアンスポ(政治学院)などへの無試験入学ができる。

フランスの学歴は、バック+3とかバック+5といった形で表現されることが多い。大学は学士号を得るまでに3年だし、5年で修士、8年で博士号となる。大学は必ずしも評価は高くない。グラン・ゼコールという大学の上をいく教育機関があるからだ。

大学は無試験で入学できるが、これらのグラン・ゼコールは選抜試験がある。大変難しいもので、ENA(国立行政学院)というグラン・ゼコールの最右翼を占める学校を卒業した知人は、入学試験のための勉強で、痔になったと言っていた。それほど長時間、机にかじりついて勉強したということだ。

私の代父は、80代後半の老人だが、エコール・ポリテクニクという理科系のグラン・ゼコールを首席で卒業している。そのことは大きな自慢で、ことあるごとに口にでる。またこの学校を出た卒業生の紐帯は固く、カマラド(仲間)と称し、いくつになっても仲がいい。

彼に言わせると、将来のことを考えると、大学ではなく、グラン・ゼコールに進学しなければならない、という。孫が2年のプレパ(グラン・ゼコール受験のための準備クラス)のあと、文化系の最高のグラン・ゼコールであるエコール・ノルマル・シューペリユールの受験に失敗、結局、パリ大学のソルボンヌ校に入学した。このやむを得ない転身を、とても残念がっていた。

フランス人が理屈っぽいのは、バカロレアに哲学の科目があるからだという。

日本にフランス、いづれも携帯電話でのカンニング、世の中、進んだものだ。

ラ・マルセイエーズ

フランスの国歌はラ・マルセイエーズ、これはフランス第五共和政の憲法に書いてある。このラ・マルセイエーズは、フランス革命後、1792年にルージュ・ド・リールという工兵大尉によって作曲された。当初はライン軍軍歌と呼ばれていたが、マルセイユの義勇兵がこの歌を歌ってパリに進軍したことで、ラ・マルセイエーズと呼ばれるようになったという。第3共和政時に国歌として定着し、第五共和制で憲法に明記されたという歴史がある。

国歌といえば、日本ではお相撲の歌と誤解されたりしているが、スポーツの大きな大会で歌われることが多い。現在のサルコジ大統領の前任者であるシラク大統領時代、サッカーの試合の前に国歌演奏が行われたが、観衆のなかに、口笛を吹くなど、侮辱的な行動をとった人が大勢いて、国歌・国旗に対する侮辱罪などもできた。

ラ・マルセイエーズは第1節から第7節まである長い国歌だが、これを全部歌えるフランス人は少ないという。全部を歌えるようになのかは知らないが、このたび、フランスでは小学校のCM1(第4学年)で必修とすることになったそうだ。

2011年9月の新学期を目指しての文部省通達で、小学校児童は国歌を学び、記念日などで、可能な限り、歌うこと、と決められたそうだ。小学校は6歳から始まり、最初の1年生はCP(準備クラス)、CE1, CE2(基礎クラスが2年)そしてCM1とCM2(中級クラス1,2)となるのだが、そのCM1で習得することになる。

カリキュラムのなかに、市民教育(education civique)があるので、その時間が充当されるのではないかと思う。
しかし、第1節の有名な歌詞でもegorger(のどを掻っ切る)とか、sang impur(不浄の血)といった血なまぐさい表現がある。

1992年のアルベールヴィル冬季オリンピックの開会式で、いたけない少女がラ・マルセイエーズを歌ったが、あまりに好戦的な歌詞とのミスマッチに、この歌詞をもっと平和なものに変えようという動きもあった。しかしそれから20年ほどが経っているが、まだ好戦的なままである。

これを小学生からしっかり歌わせようというわけだ。日本ならきっとなにか日教組がいいそうな感じがある。日本であれば、国歌・国旗が確定していない、という説もあるほどだ。

外国に出ると、いろんな思いはあるにせよ、日の丸・君が代に接すると、自然と起立し、敬意を払うようになっていく。日本人としての自覚がうまれ、祖国への郷土愛がでてくるようだ。といっても「うさぎ追いしかの山」を歌う時のように、涙まではでてこないけれど。

日本では小学校で君が代を教えているのだろうか。

夏至の夜

夏至は6月21日かと思っていたら、今年は6月22日のようである。日出4時26分、日入19時05分だそうだ。お天気が良かったけれど、夕方曇ったので、19時にはずいぶんうす暗かった。

日本ではこんなものだが、ヨーロッパ、たとえばフランスなどでは、日本より緯度が高いので、夏至あたりの昼の時間はもっと長い。朝は起きないのでしらないが、日没は21時すぎなのではないだろうか。夜9時などはまだ明るく、10時くらいになって、薄暮という感じだ。

6月21日、フランスでは音楽祭が行われる。この音楽祭(Fete de la Musique)は、始まったのはそう昔ではない。街角の音楽祭とでもいおうか、音楽が通りに進出している。音楽堂や劇場で演奏されるのではなく、街中、すぐそこの通り、窓の下の通りで音楽が演奏されるのだ。

音楽もジャンルを選ばない。音楽であればいいようだ。たまには、どこが音楽か?と思われるような演奏もある。ある年、6月21日、パリにいたことがある。この日、夕食をブルボン宮(国民議会)の近くでとった。9時すぎだった。レストランを出ると、人の波がうごいている。デモでもするの?と友人にきくと、今晩はフェートよ、という返事。あちこちから、音が聞こえる。

どちらかといえば、騒音である。音苦かもしれない。というのも、私の好きなジャンルの音楽ではなかったからだ。いくつか聞いていく?と友人が聞く。まだ薄暮の時間、なんだか気が緩んでいる。
パリにはちょっと歩くと、パルクとか、スクエア、プラースと呼ばれる広場がある。そんな場所で音楽が演奏されている。老若男女、まあ若者が多いけれど、大勢の人がリズムをとっている。

このフェートが始まったころは、バイオリンやアコーデオンなど、演奏しつつ移動できる楽器の出番が多かったけれど、このごろは固定した場所で、音響効果もだして、少し大掛かりなものが増えてきたようだ。音楽のジャンルもモダーンなものが多く、私にはなじめない。

フランスは、たとえば、7月14日(国家記念日)の夜の街角ダンスパーティや、最近始まった、ご近所の人を集めての通りでの夕食会など、しゃれた催しがある。

日本にも盆踊りという立派な大衆の楽しみがあるけれど。

原子力教

この宗教は、これまでのキリスト教やイスラム教、仏教などと同様にグローバルである。一神教の国でも広く信じられている。

始まったのは1950年ごろだから、そう古い宗教ではない。誰が始祖ともわからないし、けっこう同時多発的に始まったようだ。この宗教を信じているものは、たがいに競争はするが、争いはしない。どちらかといえば、結束が固く、身うち意識が強い。

現在、もっとも流布している国は、フランスである。85%の信仰率(発電率)である。1956年にフェッセンハイムというところに初めての教会(発電所)建設をみた。耐用年数(60年)があるから、この教会はもう機能していないはずだ。
まだこの宗教をとりいれていない国も多い。取り入れるための初期費用は莫大なものだからだ。

日本でもこの宗教は浸透している。沖縄を除き、本土全体に教会が散在している。いづれも海のそばだ。それは、教会はとてつもない熱を発生するため、冷却しなければならず、その冷却水を海に求めてるからだ。大本山のフランスでは、大きな川がいくつも流れているために、海ではなく、川岸に建設されている。

新興宗教は常にいくらかのいかがわしさを持っている。いかがわしさをごまかすには、正当性を主張しなければならない。原子力教の場合は、その廉価なこと、環境を汚さない事、教会周辺の市町村に献金をすること、冷却水として使用し、暖められた水を海に放水することで、漁場が豊かになる、といったことなどだ。

無理に主張された正当性には、やはり無理がある。そして隠された事実というものもある。たとえ初期費用が他の教会(火力、水力)より安上がりであったにせよ、終末費用(この語は造語)まで計算にいれていないことや、事故が起きた場合の災害の大きさだ。

今回の福島原発事故、いかに費用がかかろうと、早く収束させてほしい。そして収束したあと、かかった費用を全て、福島県の住民に払った賠償金、野菜は酪農製品の補償、ほかにもたくさんの払うべきものがあるだろうが、全てをきちんと詳細に世界中に発表して、この宗教を信奉することのコストを示してほしい。

でもこの宗教を信じる人のなんと多いことよ。知的レベルの高い人に多い。彼らは大体、この宗教をおいて、現代のエネルギーをカバーできるものはない、という。そういわれると、馬鹿な私は、そうなのかしらと思ってしまう。しかし、宗教というのは情緒的な部分もあるから、以前から半信半疑の状態だったのが、現在では、全疑状態になっている。

海江田大臣が他の原発は安心みたいな発言をなさったが、福島が収束できるという安心を得てからのことにしてほしい。

それにしても、保安院、東京電力、など、記者会見に登場する人たちは、よほど心酔しているのか、私なら真っ青になって逃げたくなるような事実を、冷静・沈着に発表なさるものだ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます