So-net無料ブログ作成

オリンピックをアマの手に

ロンドンオリンピックが始まる。もうすでにその報道量にうんざりしているのは、私だけだろうか。オリンピックの金メダルが、そんなに大切なのだろうか。

その昔、オリンピックがアマチュアだけのものであった時代がなつかしい。こんなに放送もされなかったから、静かに楽しむことができた。プロはプロの試合があって、そこで最高の能力を示せればよかったのだ。

そもそもスポーツというのは、生活に余裕のある人がするものだった。そういえば、余裕のない人ができないのは平等ではない、ということになるが。
アマチュアといっても、共産圏の国々は、ステートアマの存在があったし、必ずしも、本当にアマチュアというのはいなかったのかもしれない。

たとえば、体育の教師などは、スポーツでお金を得ているのだから、アマチュアではないといった、アマチュア規定の厳格な適用が問題になったこともあった。そんな時代は夢のようだ。

戦争という国威発揚の場が、スポーツの場になりかわっているのだろうか。国単位で、国旗を掲揚して、メダルの数を競い合う。
強化費の高を競うほうが、軍事費を競うあうよりよっぽどいい。

これから3週間、全メディアが国粋主義に陥る。これはどこの国に逃げても、その国がそうなるだろうから、地球を逃げるよりほかはない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スペイン王室の必要性最低賃金 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます