So-net無料ブログ作成

油断、油断

週末、友人たちがきてくれて、畑仕事を手伝ってくれた。どこをどうしてもらおうと、つれあいと予定をくんでいたのだが、土曜日は雨、日曜日は半日しか仕事ができず、予定の3分の1ほどができただけだった。

今日はそのやり残し分と収穫のため、午前中10時すぎから畑へといった。昨日、所要で外出したので、収穫できず、まずは、キュウリやズッキーニ、インゲン、モロッコインゲンと収穫をすませる。次は週末の残りの草取りを、と取りかかる前に、ジャガイモの畝をみてみると、メイクイーンの畝がたいへんだ。6月に忙しすぎて、メイクイーンの畝に、2度目の土盛りをしていなかった。

その結果、イモはたくさんできているようだが、むき出しになって、太陽にあたり、青く変色したもの、また芽が出始めたものまでできている。枝葉がしっかり育ったので、すっかり安心しきっていたのだ。
油断していた。つれあいと二人、畝にはびこった草をとり、土盛りをしていく。手抜きはやっぱりいけないのだ、となすべき仕事をしなかった共同責任を認めあう。

ところが、別の場所に植えた男爵イモのところが2か所、荒らされている。週末に草取りをしたところだ。イノシシの仕業なのだろうか。それにしては、他が荒らされていない。
汗だくになり、泥まみれになって、畑仕事をしても、イノシシ様のご訪問を受けると、無駄骨と化す。どの畑も周囲をかこっているけれど、それがどれほど有効なのか、確信はない。

結論は、なすべきことをなして、天命を待つである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます