So-net無料ブログ作成

味付き塩コショウは日本の発明?

5月、フランスで2週間滞在した代父母の家では、90歳の代父が料理をしていた。味覚が少し変わったのか、塩分に鈍感になったようである。
ある日の夕食に、オムレツを作ってくれたが、パンチェッタをまずオリーブオイルで炒めている。なかなか本格的なのだな、と感心していた。パンチェッタに相当の塩分があるから、卵には塩をいれないでくれるといいのだが、と思っていたが、一つまみではきかない塩をふりこんでいるのを見た。

やばい!!と叫んだが、すでに遅い。代父はどうした?と聞いてくる。塩が多すぎた、と返事をした。食べ始めたが、代父も代母もそう感じないらしい。私はほんの少々をきりわけて食べ始めたのだが、もうしょっぱくて食べられない。申し訳ないけど、と残してしまった。

日本に帰ってきて、あの塩分の取り方は異常すぎると気になってしかたなかった。そこで、自宅で使っている「味付き塩コショウ」というのを送ることにきめた。
これは数社から発売されているようだが、友人が炒め物などにとても便利よと、教えてくれ、それ以来、ずっと使っている。塩と胡椒が微妙な組み合わせで、どちらも降り具合でちょうどいいようになっている。

グルメの国フランスの、高齢の、すこし頑固な代父に送って、こんなものはいらないと言われればそれまでのことと、おかきなどとともに送ってみた。
大成功だ。代父は大変喜んでいる。こんなに新鮮で、香り高い調味料は初めてだ、と絶賛している。重宝しているらしい。来年、またフランスへ来る時には、ぜひ持ってきてほしいということだ。

持参するどころではない。もうすぐにでも次の品を送ってあげます。というところで、この塩コショウ、日本ではどのくらい普及しているのだろう。ちょうど来宅していた、料理好きな友人に聞いてみた。使っていないという。さあ、これからちょっと調査を続けてみよう。

フランスから買ってきたバジル入りのハーブ塩はまたこちらで大好評、調味料もお国ぶりがあるけれど、面白い現象だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます