So-net無料ブログ作成

昔もいじめはあったのかしら

このごろの「いじめ」問題に関する報道をみていて、私自身の小学校、中学校時代を思い出した。もう思い出せないほど、昔のことなのだけれど。

自分でいうのはなんなのだが、小学校時代から、身長はあり、大人ばかりの中で育ったので知識はあり、成績もよかった。いつも学級委員、いわゆる級長、中学では学級委員長(私のクラスは男性が委員長、私は副だったが)、をつとめていた。

わりと姉御肌で、面倒見がいいというのか、気がつくというのか、新学期にはきっと忘れものをする人がいるだろうと、持参が義務付けられた雑巾を余分にもって行ったり、特別の図画工作という場合には、道具類を複数持参するという性格だった。

人をいじめるという意識はなかったが、ひとつ気持ちに残っていることがある。それは小学校高学年の時、同じ方向で帰宅する友達3人でつるんでいた。私が一番近かった。
当時、私は個人差があるということに気付かなかった。成績の差は、努力の差と思っていた。だからその3人組の残り二人に対し、「物足りない」と言ってしまったのだ。

二人を傷つけてしまったのだろう。翌日から、二人は私と別に下校するようになった。何が原因かわからないまま、他に下校仲間をみつけたのか、あるいは一人で帰ることに慣れたのか、そのまま小学校は終わったようだ。

わが家は11人家族で、貧しい生活だったが、母も働いていたので、給食費を納められないというほどではなかった。納められない級友がいたことは知っていたが、それをいいたてるような子どもたちはいなかったと思う。
ある大会社の社宅に住む同級生のところでは、遊びに行った級友たちにケーキと紅茶が出され、そんな接待をうけたことがないので、びっくり仰天し、帰宅して親に話したものだった。

ある級友の家は、ラーメン屋で、遊びにいったら、ラーメンを1杯御馳走してくれた。ラーメンを食べる、外食をするというのは、わが家にとって、とても贅沢なことだったので、そのラーメンにも感激し、毎日食べられる級友がうらやましくなったけれど、商売物のラーメンを毎日食べられるはずがないことなど、小学生の私には理解できなかった。

体操服がお下がりであっても、上履きが人と違っていても、そう気にするひとはいなかったように思う。そんなことで、はやしたり、いじめたりはしていたなかった、と思う。
やたら、教条的な正義感で、掃除当番をさぼる男児などには、強くあたった記憶はあるのだが。。。

去年は中学を卒業して50年を記念する同窓会があったけれど、いじめられたという人はだれもいなかった。出席していなかったのかもしれないが。それより、いじめられたよな、という先生はいたけれど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます