So-net無料ブログ作成

クールビズ実行中ですか?

国会中継をみました。民主党崩壊の始まりを野党の面々が鋭く(?)指摘しています。論戦の中身は、もう不毛なものとして、無視していたのですが、はたと気づきました。閣僚のみなさん、背広にネクタイの完全装備です。

国会の設定温度は何度なのでしょうか。彼らが背広にネクタイをしていても、汗もかいている様子がないというのは、28度ではないでしょう。もし28度なら、とてもあのスタイルではいられないはずです。それとも彼らは暑さに特別強い人たちを選んでいるのでしょうか。

今日の朝日新聞の社説には、節電意識が行きわたったから、原発の再稼働は本当に必要か、という趣旨のことが書いてあった。節電意識は行きわたったとは思うけれど、のど元過ぎれば、の例として、いつまで持続するのかは疑問のような気がする。

私にしても、なるべく使わないものは、コンセントから抜くとか、照明は控えめ、いらない明かりはすぐに消すという風にはしているけれど、つれあいに言わせると、金額面での貢献はないそうだ。わが家は冷房はない。だから夏の暑さにはがまんするしかないけれど、高度1000メートルの山間地にあるからこそ、可能なのだ。

先日から九州、東京と出かけることが続いたけれど、そこでは、ホテルの部屋では、28度なんていう温度では耐えられなかった。22度に設定、それで冷えてから、ようやく25度くらいにあげる。

たとえば、関電の範囲で、高温注意報がでるような日が連続して、もういやーっとばかり、住民たちがいっせいに冷房の設定温度を下げたら、どうなるのだろう。今は80%くらいですんでいても、綱渡りには違いない。

それにしても、あの閣僚のばっちり決めたスタイルをみると、クールビズのお題目はお題目にすぎないのかと、覚めた気分になってしまう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

高速道路運転マナー今年の虫 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます