So-net無料ブログ作成

「いじめている君へ」を読んで

いじめ問題がニュースで扱われている。昨日から朝日新聞では「いじめている君へ」というシリーズが始まった。昨日はボクシングの選手だった人、今日は作家・僧侶の玄侑宗久氏である。

とてもいい文章が書いてある。一面の左側にその欄が設けられているが、すぐに目につくし、読みやすい。しかし考えた。いじめをしているのは、小学校から高校あたりの生徒・学生だろう。そのなかのどれだけが、この文章を読むのだろうと。

親が読んで、いじめをしている子、あるいはいじめられている子に、読みなさいと言うのだろうか。子は素直に読むのだろうか。

なんだか朝日の独りよがりのような気がしてならない。子ども新聞ならともかく、という気がするのだ。
いじめられている子は、どうしてこうなるのか?と原因を知るため、書いてあるものを求めるかもしれないが、いじめサイドは、具体的な行動のみで、理論的なことをさぐったりはしないだろう。

学校で読ませるには、先生たちがはたして朝日を読んでいるのか、気になるところだ。先生たちは忙しくて、意外と新聞を読んでいないような気がする。そしてもし読んでいても地方紙が多い。

マスコミというのは伝達手段として、大変有用なものであるが、目的を特定した場合、役に立たないこともある。
このシリーズがいつまで続き、どんな人が登場してくるのか、そしてその効果のほどは、と期待しているのだが。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

故郷は雨の中高速道路運転マナー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます