So-net無料ブログ作成

党名は小沢党になさったら?

「正義は我にあり」というような論調で、小沢一郎氏が挨拶をされる場面をみるのには、ほとほと飽きがきている。新会派の名称は、「国民の生活が第一」という長ったらしいものだとか。そして、来週には発足するであろう新党の名称も、「国民の生活が第一党」となるらしい。

党首は、新党参加者の圧倒的な推薦で、小沢氏が就任するのだとか。それも選対委員長兼任だという。
もういっそ党名を「小沢党」にすればいいのに。これで何度めの新党なのか、記憶力の悪い私は忘れてしまったし、新進党やら、自由党、どれが先だったやら、混乱している。これを「第一小沢党」、「第二小沢党」などと命名してくれていたら、今回が何度めであるかは、すぐにわかるし、どうせ、小沢氏以外の政治家は、一般の人には重要性が感じられない。

なにかと言えば「一任」をとるのが得意そうだし、「小沢一任」で進行する政党なら、「小沢党」以外、名前は考えられない。
「国民の生活が一番」なんて、誰もが信じられないような名前にすると、ぼろが出た時に困ることはみえている。
それもすぐにおこりそうだ。

税金をあげない、後期高齢者制度をやめる、子ども手当は支給する、どこからお金をもってくるのやら、言うはやさしく、行うは難し、なのに、いうばかりの小沢氏とその周辺、国民の支持がどれだけ得られるものやら。
景気をよくして、税収をあげる、どうやって?と聞きたいことばかり。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます