So-net無料ブログ作成

劣等感をもつのも若いうち

加齢化現象のひとつに図々しさがあるようだ。体重が増えて増えて、もしこれを成長というのなら、まだ成長していると喜ばしいのだが、退化しているのだから、この体重増加は喜ばしいはずがない。
この体重増加を指摘されて、それがどうした、みたいに平気で聞き流した。

そして気がついた。なんと神経が太くなったことよ、と。これも成長かと。
昔は、こんなに体重がなかったのに、平均より重いというだけで、敏感に反応していたのだ。
小・中・高校を通じて、人より身長が高く、それにあわせて体重もあった。決して肥っていたわけではないのだが、身長が高い分、体重があったのだ。

人より身長があるというのすら、劣等感の一つだった。小学校のとき、級長をすると、列の最前列に並ばされた。列は身長順なので、私の後ろはクラスで一番小さい子だ。最後列なら、同じくらいの身長の仲間がいるのに、いつも居心地の悪い思いをさせられたものだ。

中学校や高校で、男子生徒とフォークダンスを踊る時など、男子生徒は、自分より大きな女子生徒とはバランスが悪いと、敬遠されていた。私より大きい人は半分くらいしかいない。だから、半数の男子生徒からは、我々背の高い女子生徒はいやいや踊るという態度がみえていた。
ときどき、「大女と踊るのはヤーなんだよな」という声さえ聞こえると、いよいよ劣等感にさいなまれたものだ。

165センチという身長は、今ならそう高いものではないのだが、当時はやっぱり大きくて、男性にもてないのも、そのせいだと信じ切っていた。高校のとき、男子にもてるのは、可愛いタイプの女子で、大女のジャンルに入る女子は、恋文を寄せられることなどなかったのだ。

長じて、大人になり、働くようになっても、職場の男性と、友人として付き合っても、女性としてみられている感じがなかった。日本の職場だけではない、外国機関で働いているときですら、女性とみれば口説くといわれているイタリア人ほどではないが、女性にやさしいフランス人に囲まれていて、それでももてないのは、よほど魅力がないものと、本当に思い込んでいた。

時がたてば、自分というものを受け入れるようになるものだ。人生60年をすぎれば、身長も体重も、親からもらったものというより、自分で形成してきたものと言える。あるがままに受け入れざるをえなくなってきた。
なんであんなに劣等感をもっていたのだろう。今でも、たまに「大きいですね」と言われる。特に、今住んでいる村の高齢者は小柄な人が多いので、大きくみえるらしい。

「大きいことはいいことだ」というコマーシャルには助けられたが、それも昔。これからこの身長・体重がちょっと問題になるのは、介護をうけるときと、棺桶のサイズだろう。もうどうでもいいや、これが到達した達観である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます